【女性向けコラム】オナニーをしない女性の意見をまとめてみた結果・・・

【女性向けコラム】オナニーをしない女性の意見をまとめてみた結果・・・

【女性向けコラム】オナニーをしない女性の意見をまとめてみた結果・・・

最近は男性の間でも女子はオナニーをするという考え方が根付いてきたようで、お酒の席などで女のオナニー事情についての話をしてもさほど驚かれなくなりました。

しかし性欲の強さや性体験には個人差があるように、オナニーの欲求も人によって違います。

日常的にオナニーをしている女性のほうが多数派なのですが、なかには「これまで一度もシタことがない」という方も少なくありません。

というわけで今回は、オナニーをしない派の女性たちのコメントをまとめてみました。

1.相手がいないとHな気分にならない

「セックスへの願望か強いんですが、オナニーはしません。ひとりの時は欲求が湧かないんです」(22歳/大学生)

オナニーをしない女性は「性欲が弱い」「セックスが嫌い」のではなく、性的なことへの欲求はあっても、オナニーでは処理しきれない体質で、相手がいないと気分が盛り上がらないとのこと。

2.やり方が分からないから

「高校生の頃、友人に『オナニーしてる?』と聞かれてやり方を教えてもらって、その夜に試したのですが、全然感じなくてそれっきりです」(20歳/大学生)

やり方で試してみたけど、気持ちよくなかったからという声も多く聞かれました。女性の感度は経験によって変わります。初めは下着越しに軽く触るだけで痛みがあったクリトリスも、回数を重ねるごとに快感に変わっていくのです。

とはいえ「初めての経験で「痛みや不快感」を感じると、二度目につながりにくいようです。

3.シタ後の罪悪感に耐えられないから

「初めてした時にオーガズムに達した後急に気持ちが冷めて、「なんでこんなことしてるんだろう?」と恥ずかしくなったんです。気持ちいいけど二度としたくないです」(24歳/OL)

いわゆる賢者タイムですね。性に対して閉鎖的な環境で育ってきた女性は、この傾向が強くみられました。またこのタイプの女性は、「セックスは必要ない」と考える人が多く、セックスへの不満も溜まりやすいようです。

4.「性器=汚いもの」だと思っている

「小学生の頃、保健体育の授業で身体の事を習ってから、自分のアソコがどうなっているのか気になって。家に帰ってからパンツを脱いでのぞきこんでみたんです。その当時はすごくグロテスクに見えたんですよね。それ以来触ったり見たりしようと思わなくなりました」(27歳/販売)

自分のアソコに対して嫌悪感を抱く声も聞かれました。男性の場合は、「おちんちん」という愛称があり、愛着がわきますよね。一方、女性器は愛称が無く隠語で呼ぶことが多く、ルックスや独特のニオイに抵抗感を覚える人もいるようです。

自分の体なのに「嫌いな部分がある」ってなんだか悲しいですよね。自分が愛していない女性器を、パートナーに見せて愛してもらうって難しいことだと思うのです。

オナニーは自分自身の身体を知る大切な時間。オーガズムや快感にこだわりすぎることはありませんが、お肌や髪のケアと同じように、女性器の手入れも怠らないようにしたいですね。

女性向けアダルトサイト更新情報

^